qvwmのICCCM追従レベルを上げる

ICCCM追従レベルの測定

それぞれのウィンドウマネージャのICCCM追従レベルをxcomplianceで調べてみます。結果は次の通りです。

ウィンドウ
マネージャ
WM_Sn
セレクションを
所有する
VERSION
セレクションを
所有する
WM_TAKE_FOCUS
メッセージの
data[1]
フィールドに
CurrentTime
使用しない
WM_DELETE_WINDOW
メッセージの
data[1]
フィールドに
CurrentTime
使用しない
twm
(R6.3付属)
qvwm
1.1.11
WindowMaker
0.20.2
マップ直後の
WM_TAKE_FOCUS
メッセージを
除けば○
enlightment
0.14
mwm
0.83
マップ直後の
WM_TAKE_FOCUS
メッセージを
含めて○
blackbox
0.34.0

(WM_TAKE_FOCUS
メッセージが
来ない...)
icewm
0.9.18
kwm マップ直後の
WM_TAKE_FOCUS
メッセージを
含めて○

ICCCM 2.0以降を満たすものはないようです。

qvwmへのパッチ

上記のように、qvwmではWM_TAKE_FOCUSメッセージのdata[1]フィールドにCurrentTimeが使用されています。このままではLocalActive(局所的に能動的な)フォーカスモデルを利用するXクライアントで不都合が生じるので、その場しのぎのパッチを作成してみました。パッチの当て方は、次の通りです。

% tar zxvf qvwm-1.1.11.tar.gz
% cd qvwm-1.1.11/src
% gzip -dc どこか/qvwm-1.1.11-icccm.patch-1.gz | patch

パッチを当てた後のICCCM追従レベルは次の通りです。

ウィンドウ
マネージャ
WM_Sn
セレクションを
所有する
VERSION
セレクションを
所有する
WM_TAKE_FOCUS
メッセージの
data[1]
フィールドに
CurrentTime
使用しない
WM_DELETE_WINDOW
メッセージの
data[1]
フィールドに
CurrentTime
使用しない
バッチ後のqvwm
1.1.11
マップ直後の
WM_TAKE_FOCUS
メッセージを
除けば○

過去のバージョンのパッチ

Last modified: Sun May 11 09:46:11 JST 2008